「イキてるデザイン」で、伝えるためのモノ作り。

「イキてるデザイン」の第一歩、伝えるためのモノ作り。

説明するだけなら、
必要な要素を見やすくレイアウトすればよいのですが、
デザインするからには、
説明ではなく、伝えるモノを作りたいと心がけています。
重要なのは、伝えたいコトをまとめること。
伝えたいことがまとまっていないと、完成品は、
ただ形になっただけのモノになってしまいます。
そして、企画からデザインコンセプトを
しっかり固めてから制作にかかります。
制作ではコンセプトに基づいて、
伝えたいコトをカタチへと仕上げていきます。

Charlie's HOUSEでは
企画から制作までをトータルに行うことで
テーマの「イキテるデザイン:伝えるためのモノ作り」を
目指しています。

concept image

コンセプトを共有するために、まずはミーティングから。

まずは、目的をお聞かせください。
そしていろいろなお話をしましょう。
お話は、どんなたわいのないことでも大丈夫。
話の中からいろいろなことが見えてきます。
大切なことや必要なこと、考えもしなかったこと...
話すことによって、次第に目的達成のためのコンセプトが見えてきます。
コンセプトが決まると、アイデアも出てきます。
もしその場で、アイデアが出なくてもご安心ください。
こちらでコンセプトに基づいて、改めて提案させていただきます。

ミーティングの場所はゆっくりお話の出来るところなら
こちらからお伺いいたします。
もちろんこちらへおいでいただくのも大歓迎です。
ちなみにクライアント様の多くは都内です。
ただし、遠方(首都圏外)のお客さまにつきましては、
お仕事の内容にもよりますが、お電話やメール、ビデオチャットなどの
打ち合わせにさせていただくこともあります。
ですが、どうしても会いたい!ということでしたら
日本中どこへでも参ります!(ただし出張費はいただきますm(_ _)m)

お気軽にご相談ください。